中華料理には種類がある!?代表的な3つの料理を紹介

北京ダックが有名な北京料理

酢豚やエビチリ、小籠包など美味しい中華料理は好きな人も多い料理ですよね。実はこの中華料理は地域によって色々な種類があるのですよ。代表的な中華料理を3つ紹介していきます。まずは北京料理です。北京は中国の首都なので知っている人も多いですよね。北京料理は山東料理がベースとなっており、宮廷料理でもあるのですよ。最も有名な料理と言えばやはり北京ダックです。魚よりも肉を使う事が多いのが特徴となっているのです。

辛さが美味しい四川料理

中華料理の中の1つに四川料理があります。四川省は山や川など自然が多い場所であり、パンダでも有名な地域ですよね。四川料理の特徴は麻、辣と呼ばれる味付けであり代表的なのが麻婆豆腐です。本場の麻婆豆腐は山椒なども多く使われており、舌がしびれるほどなのですよ。また豆板醤が辛みを出しています。また四川省は古来から食材が豊かな土地でもあるのですよ。刺激的な中華料理が食べたい時は四川料理を選ぶのがベストですよね。

豊富な食材とあっさりが特徴

中国には食は広州にありという言葉があり、広州は広東省に位置しています。広東料理の特徴は豊富な食材と沢山の調理法があります。海鮮料理が多く、日本でも人気のフカヒレやまたツバメの巣なども広東料理なのですよ。豊富な食材を使った料理が多いのですが、味は蛋白であっさりとしているので日本人でも食べやすく人気なのです。このように中華料理といっても様々な種類があるので、今度食べに行く時にはどこの料理なのかを調べていくと楽しむことができますよね。

肉まんは幅広い年齢層の方から愛されている食べ物です。コンビニやスーパーなどで手軽に購入することができます。