機械式時計のメンテナンスは何をすれば良いのか?

手入れをしておけば長持ちする

機械式時計は電子部品が使われていません。電子部品はメーカーが製造をやめれば手に入らないため、これを使った時計を一生使い続けることは不可能です。しかし、機械式時計の場合は一生物とすることができます。確かに機械式時計の場合も、メーカーが供給をやめれば修理部品を入手できなくなる点は同じです。しかし、機械式時計の場合は、修理業者が手作業で代替部品を作ることが可能なので、万が一壊れても修理することができるのです。この点が、機械式時計の魅力と言えるでしょう。

オーバーホールとは何か?

機械式時計の購入を検討している方は、オーバーホールという言葉を目にする機会があることでしょう。どういうものか疑問に思いますよね。これは、メンテナンスの一種で、機械式時計を一生物とするためには欠かせない作業です。具体的には、内部を分解して総点検し、組みなおして調整する作業のことを言います。機械式時計は歯車が無数に組み合わされているので、ちょっとした不具合が精度を落とす原因となります。そのため、これを調整したり直したりするために、オーバーホールは行われるのです。

オーバーホールにはどのくらいのお金がかかるのか?

気になるのがオーバーホールにかかる費用です。メーカーサポートを利用した場合と、独立の修理業者や時計店を利用した場合で値段は異なりますが、4万円から5万円程度の費用がかかります。この値段を聞いて、高いと思った方もいることでしょう。しかし、これを行っておかないと、故障したり精度が落ちたりしてしまいます。そのため、一生物として機械式時計を購入したいと思っている方は、オーバーホールをすることを視野に入れておきましょう。

ウブロは世界的な時計メーカーになります。サッカーの国際大会では、こちらのメーカーを計測時計として使用しています。