これだけはやっておこう!機械式時計の毎日のケア

機械式時計のゼンマイ巻きは絶対に行うべき日課

機械式時計は高級な装飾品の象徴である一方で、その外観や機能性を保つためには日々のケアは絶対に欠かしてはいけません。その中でも最も重要なのが『ゼンマイ巻き』です。ゼンマイ巻きを怠ると正確に時計が駆動しないどころか、新品の場合は潤滑油が部品になじまなかったり、巻きムラによって機械式時計の心臓部であるゼンマイ部分から故障してしまうことになりかねません。ゼンマイ巻きは、毎日決まった時間に決まった分量巻くようにしましょう。

ケースや鏡面磨きは綺麗な外観を保つために必要

指輪やネックレスなどの高級装身具であれば、当然誰しも心がけている汚れの拭き取り。機械式時計は毎日装着して使用することが前提となっている装身具であるため、毎日汚れを拭き取るといった作業が必要になります。時計の本体であるケースや鏡面を磨くのは綺麗な外観を保つためには絶対行わなければなりませんが、これを行わなければ外観が汚れてしまうのみならず、そこから錆びが生じる原因になってしまいます。毎日腕から外したら、セーム革などの柔らかい布や革で汚れを拭き取りましょう。

ベルト磨きも忘れてはならない日課

機械式時計の外観において、本体と同様に重要なのがベルトです。本体が綺麗でもベルトが汚れていると、それだけで外観を損なってしまうことになりかねません。金属ブレスは意外に汚れを拾いやすく、汗や皮脂以外にもタバコの煙や排気ガスなどで汚れてしまいます。こちらも柔らかい革や布で、しっかりと汚れを拭き取りましょう。特に塩分が残っているとこちらも錆びが生じてしまいますので、毎日の拭き取りに加えて細かい部分については歯ブラシや綿棒で汚れを落とすように心がけましょう。

グランドセイコーは時計マイスターが丹念に作り上げた国産腕時計の傑作で、海外のコンクールでの受賞歴も多い一品です。